自分にとって最高の美容というのは、人生において様々なヤル気や自信を持つことが出来るようになります。
普段の生活を改善したところでどうにもならないこともあるので、まずは骨盤ダイエットから始めてみましょう。 多くの人はただ単にダイエットを繰り返しているだけですが、それでは骨盤の歪みは改善出来ません。
骨盤の歪みをそのまま放っておいてしまうと、美容に大きな影響を与えてしまうことになるのです。

 

まっすぐに伸びていなければいけない大腿骨と頚骨にねじれが大腿骨にズレが生じることで、発生してしまいます。
美しい体型を作ることが出来なくなり、つまり骨の外側だけが発達をしてしまうことになるのです。

 

足と足の間がO脚になってしまっている方は多いかと思いますが、これって結構コンプレックスとして抱えてしまうものですよね?
なかなか改善することが一度O脚になってしまうと、困難となってしまうので、早めの骨盤矯正をする必要があるワケです。



【お役立ち情報】悩みの歪みを解消する骨盤矯正ブログ:21-11-03

ダイエットについていろいろと調べていると
「停滞期」という文字を目にすることがありますよね。

ダイエットの停滞期というのは、
頑張って体操したりご飯制限したりと努力しているのに
体重が一時的に減らなくなってしまう時期のことです。

ダイエットの停滞期は、
人間のからだに本来備わっている、
生命維持機能であるホメオスタシスという、
危機管理システムによって起こるといわれています。

つまり、
からだを守るためにご飯量を減らしても、
体重を維持してしまうシステムなんです。

からだがエネルギー不足と判断し、
少ない食べ物でも効率的に利用できるからだにしてしまいます。

なので、
余り食べないのに、
体重が減らないといった状態になってしまうわけです。

このダイエットの停滞期は、
個人差はありますが約ひと月程度あると言われています。
ダイエットを成功させるためには、
このひと月を上手に乗り切ることが大切なんです。

体重の5%以上体重が減ると
ダイエットの停滞期が訪れるといわれています。

停滞期がひと月ほど続くと
からだの危機管理体制が解除されて停滞期が終わり、
また次の停滞期まで
体重を減らしていくことができるようになります。

停滞期だからといって
あせらず、あきらめず、根気よく
ダイエットを継続することが大切です。

停滞期にダイエットを中止すると
リバウンドを引き起こしてしまいます。

ダイエット開始前よりも
体重が増えてしまったり、
痩せにくいからだになってしまうので、
停滞期中でもダイエットを続けることが大事なんです!